株式会社 山家工務店

白石市 黒沢様

Interview

白石市 黒沢様

「最初は安心だけが目的だったのが、母が『毎日見ているだけで楽しみ』と、生活を楽しめるようになったのがとてもうれしいです」
と、お客さんが笑顔になることが、
わたしのよろこびです。

白石市 黒沢様
白石市 黒沢様
最初は安心だけが目的だったのが、母が「毎日見ているだけで楽しみ」と、生活を楽しめるようになったのがとてもうれしいです。

私、山家を知るようになったきっかけはなんですか?

娘さん:
もともと、この家は、宮大工さんが作った建物でした。古い家ですし、何か補修になる場合に、補修が難しいのでどなたに頼んだらいいのかというのは常に頭にありました。

主人が建築関係で、山家さんにお世話になっていました。主人に話した時に、結構早い段階から、主人は「この家の補修ができるのは、多分、山家工務店の社長さんだけだよ」と言ってました。

だから、かなり早い段階から意識してました。地震とか本当に関係ない時から。

この家を造っていただいた大工さんが、90歳くらいまで現役でいらしたんですけど、亡くなって。息子さんは後を継がなかったので、「どうしよう」となった時に、そういう話はもうしていました。

地震が、去年の2月にありましたよね、あの時に、いよいよ「山家さんを紹介して」と主人に伝えました。

お母さん:
「壊れたらどうしよう」という感じで。今までの大工さんも亡くなってしまって。だから、ケイちゃん(娘さんのご主人)に、「どうしたらいいでしょうね?」と相談していたんです。

「お母さんが気に入る人だったら、山家さんだよ」と話してくれて。

娘さん:
技術面もあるんですけど、家に知らない方が入ってくるのは、大工さんであってもね。母しか住んでいないところなので、どんな人が来るのか気にする癖があって。それも含めて主人に相談していました。

娘さん
主人に話した時に「この家の補修ができるのは、多分山家工務店の社長さんだよ」って。

私のことを初めて見たとき、正直、どんな印象でしたか?

娘さん:
初めは、作業着姿の方が来るんだとばかり思っていたんですね。そうしたら、ジャケット姿の紳士が入って来たので。びっくりしたよねぇ、お母さん。

お母さん:
おしゃれなね、バーバリーのバッグ持ってねぇ(笑)

娘さん:
入ってきて、すごく安心したのを覚えてます。大工さんというイメージではなく。建築士さんってイメージなのかな。

お帰りになった後、主人をすごく褒めました(笑)。「いい人紹介してくれた!そういうことか!」って(笑)。主人もご満悦だったよね(笑)

お母さん:
そうですね、笑顔がよかったですね。

お母さん
おしゃれなね、バーバリーのバッグ持って(笑)

今回、なぜ、リフォームをしようと思ったのですか?

お母さん:
2021年の地震で壊れて、半壊だったよね。「どうしょう…」と。家の中はひどかったね。

娘さん:
住んでいるのも、怖かったと思うんですけど。夜寝るときは、ここに母が一人になってしまうので、それがすごく怖くて。

まず何としても、母の命を守れる家にしないと、いうのはあったんですね。

どこが壊れているかわからなかったので、相談して進めようという感じでした。

お母さん:
気が動転していたから、わけわかんないこといっぱい言ってたよね(笑)
「外周りだけでいいわ」とか。どこを直したらいいかわからない、見当がつかなかった。心配でしたよね。心のダメージもね。

東日本大震災の時にも壊れて、屋根をその時に直したんです。市の査定をする建築士さんに来てもらって、「ここを壁にした方がいいですよ」と教えてもらいました。それだけは、覚えていたんです。

補強というか、そういうのをしないといけないと思っていました。

でも、どこをどうしたらいいかわからない。

それで、娘も心配してくれました。でも、やっぱりね、ケイちゃん(娘さんのご主人)がいるから。ありがたいですね。

母の命を守れる家
何としても、母の命を守れる家にしないと、いうのはあったんですね。

リフォームするまでに、どんなことが気になっていましたか?

娘さん:
ひと言で言うと、「次、地震が来たら、母の命が危ないな」と。真剣に考えました。

お母さん:
いつでも箪笥とかが倒れてきて、仏壇は出てくるし。倒れていないものはなかった。

砂埃も降って。天井とかも。

気になっていた事
いつでも箪笥とかが倒れてきて、仏壇は出てくるし。
倒れていないものはなかった。

私に依頼するまでに、迷ったことや躊躇したことは、ありましたか?

お母さん:
全然なかったです。

娘さん:
逆に、あれもこれもとお願いして削ったくらい。躊躇したことはなかったです。「お願いするのは、山家さんだ」と思っていたので。

お母さん:
本当に、山家さんに、わたしの家をお願いします、って感じでした(笑)

ご主人
本当に、山家さんに、わたしの家をお願いします、って感じでした(笑)

私に依頼する上で、決め手となったことはなんですか?

娘さん:
きっかけは主人の助言もあったんですけど。初めてお会いした時に、まず話をじっくり聞いてくれたっていうのはとても大きくて。本当にわけわかんない話を親身に聞いてくれて。的確に「これ、こうですね」とお話しいただいて。

お母さん:
もう、「やらないといけない」というのは先に立って。命が危ないわけですから。何も迷わないよね。

決め手は、やっぱり第一印象というか。

紳士的というのはありますね、知識が豊富というか、いろんなことに精通しているところが。わたしたちがわけのわからないようなことを話していても、頼りがいがある(笑)

娘さん:
あとは、本当に家に入ってこられても大丈夫、と思えたところですよね。

実は、私が高校生くらいの時、トイレを直した時に、ちょっとなんか「んん?!」という人が入ってこられて。そういうのがトラウマであって、どんな人が来るのかということが大きいですね。

紳士的な人が来てくれたのが良かったですね。

一番良かったこと
わたしたちが、わけのわからないようなことを話していても、頼りがいがある(笑)

今日までで、印象に残っていることはなんですか?
私から市の耐震診断の提案を受けたとき、どう思いましたか?

娘さん:
「そんな制度があるんだ」と思いました。

お母さん:
全くわからなかった。

娘さん:
主人も知らず。失礼ながら、「やろうとしたら、市を通さなくてもできるのに、わざわざ教えてくださるの?」と思いました。

しかも、市とのやり取りが、面倒くさかったと思うんですけど、それもやってくださったんです。すごくサポートしてくださいました。

お母さん:
市との間の手続きもあったんですけど、それもやってくれました。

娘さん:
山家さんはちがう町の方なので、本来ならやりづらいはずなんです。見ていてそうかなっていうのは感じました。

でも、母のために頑張ってくれました。

お母さん:
本当にありがたかったです。耐震診断があるとないとでは全然違いました。

娘さん:
最初は、構えていたところもあったんです。

ところが、他の会社さんだったら、ここまでやってくれないようなことをやってくれた。それで、一回目で、気持ちがほぐれました。

印象に残っていること
本来ならやりづらいはずなんです。でも、母のために頑張ってくれました。

娘さんがA4のレポートを作られたのは、どういう理由からですか?

娘さん:
最初は、構えていたから書きました。変な人が来たら困るから。構える癖がついているので。すごい頼りになるおばあちゃんがいたんですけど、今は施設で暮らしているので。

お母さん:
私がこんなんですから(笑)。優柔不断で。昔はこうじゃなかったんですけど、ケイちゃん(娘さんのご主人)が来てからは安心しています。

気を張ることがなくなって。鎧兜を脱ぐことができて、安心しているんです。

打合せが進むにつれて、「リフォームが楽しみだなぁ」とおっしゃられたのは、どういう理由からですか?

娘さん:
「リフォームが楽しみ」と思えたのは、不思議ですよね。しかも補強工事でね。

お母さん:
初めは、本当に直すだけ、という感じだったんです。耐震補強でいいかなと思っていたんです。それが、次々と引き戸とか、すごく綺麗になって、家の調和が取れてくる感じになって。直すだけじゃなくてね。楽しかったですね。

娘さん:
所々で、「ここ暗くないですか?」とか言われて。廊下とか、照明器具がついてなかったんですよ。毎日住んでいたら、わからないんですよね。大工さんに言っていただいて。この照明も、良かったです。

リフォームが楽しみ
昔はこうじゃなかったんですけど、ケイちゃんが来てからは安心してます。

私が「これだというポイントがあるといいかもしれませんよ」と言ったとき、どう思いましたか?

お母さん:
最初は、耐震が目的だったんです。ところが、予算なんか関係なくなっちゃったね(笑)

見積は、普通の引き戸だったんですよ。建具屋さんが来て、写真を見せていただいて「これこれ!」って。

娘さん:
山家さんが、建具屋さんに「デザインしてみて」と言って、その場で、洋室や寝室の引き戸をスケッチしてくださいました。

お母さん:
和室も仏壇のある部屋も、最初はしない予定だったんです。壁は崩れていたけど。「今回はいいです」と断わったんです。ところが、娘に「なに言ってるの!」と言われて。

天井も壊れて、砂が降ってくるような感じだったんです。山家さんにも「それで大丈夫ですか?」みたいな感じで言われて。

娘さん:
初めは地震でショックを受けていて、地震のたびに毎回言っているんですけど、「今回は立ち直れないかもしれない」と。何回も。

でも、山家さんとお会いして、大工さんたちが来てくれて、だんだん笑顔が出てきたのが、印象的でした。

お母さん:
本当に直すだけ、耐震だけというつもりでしたが、嬉しかったですね。毎日眺めています。組子細工の引き戸がすごく嬉しくて(笑)

最初にお話しした時に「どんな感じにしたいですか?」と言われたんです。その時に娘が、「和モダン」といったんです。本当にその通りになりました。

娘さん:
なんか「山家マジック」って感じですよね(笑)

見学会に行った時も、山家さんは本当に相手の求めているイメージを、その家族の方に合った家を建ててくれる感じでした。暮らしが楽しくなる感じ。

最初は、安心だけが目的だったのが、母が「毎日見ているだけで楽しみ」と、生活を楽しめるようになったのが、とてもうれしいです。

組子細工の引き戸
毎日眺めてます。組子細工の引き戸がすごい嬉しくて(笑)

職人の仕事っぷりを見て、印象に残っていることはなんですか?

お母さん:
朝が早い(笑)。時間がきっちり。

娘さん:
主人も職人で、ここまで早くはないんですけど、朝早い。

佐藤さんという職人さんがいらっしゃるんですが、主人が出ていくと、近くの駐車場で時間調整のために待っているみたい。あんまり早く来ても戸惑ってしまうから。本当はもっと早く来て、到着しているのに、他のところで待機していてというのは何回もお見かけしたそうです。

お母さん:
時間は本当にきっちりしていますもんね。帰りもだし朝もだし、一服もだし。
きっちり20分以内。

職人のチームワークがいいというのは、どういうところから感じましたか?

お母さん:
楽しかったね。お話をする感じではないんです。はじめは緊張してましたけど。

娘さん:
全然お話はしないけど、職人さん同士の掛け合いがすごく楽しそうですよ。
的確なのね、見ていて、すごく気持ちがいい。

お母さん:
チームワークがすごいんだと思います。信頼関係ができているんですね。

廊下の明かりや床のきしみについて、職人から提案されて、どう思いましたか?

お母さん:
そのまんまでもいいいいと思っていたところまで、直してくださった。

娘さん:
住んでいるとマヒしてわからなくなっていたんです。「奥さん、気になりませんか?」って。昔はギシギシ鳴ってたんだけど、今はジャンプしても大丈夫。

お母さん:
廊下とかね、床下に入っての仕事だから。大変だと思いました。

信頼関係
チームワークがすごいんだと思います。信頼関係ができてるんですね。

私について、印象に残っていることはありますか?

娘さん:
全体的な印象としては、市役所の耐震診断のサポートのことも含めてですが。失礼ながら「人に厳しいけど、自分にはもっと厳しい」方だと思いました。

それで、職人さんたちからすごく信頼されているというのがわかりました。

職人さんたちが作業していると、木くずが出るじゃないですか?それを黙って掃いているのを見たりすると、わかるんですよね。

職人さんにも厳しいんですけど、自分にはもっと厳しいから、優しさの器が大きいんです。厳しくても、職人さんたちにすごく信頼されているのがわかって。

お母さん:
完成の時も、山家さんが掃除機をかけてくださって。「大丈夫ですか?」と、こっちがびっくりしました。そんな人いないと思います。「え、とんでもない!」と思って。

娘さん:
だからピリッと、会社としてやっているんだろうなっていうのはすごく感じました。職人さんたちも個性強めな感じがして(笑)

主人も言っていたんです。「独立してどこで働いてもおかしくない腕をもっている職人さんたちだけど、山家さんのところでやっているというのはすごい信頼があって、やっているのかな」、「山家さんが好きだからやっているのかな」って。

お母さん:
本当にそうだよね。

娘さん:
いい意味で緊張感があるんです。山家さんが帰ると職人さんたちがしゃべり始めるんです。パリッと緊張する雰囲気が。そういう人が好きなんです。

お母さん:
山家さんは、職人さんたちと良いバランスですよね。大事ですよね。

娘さん:
緊張感が持てる人はすごくいいと思っていて、適度な距離感というか、美しい距離感を取っている人だと思いました。悪いことじゃないよね。

山家
山家さんは、職人さんたちと良いバランスですよね。

今回、一番よかったことはなんですか?

お母さん:
山家さんと出会えたことですよね。出会えなかったら、こういう風な完成にはならなかった。全部調和がとれている感じで。
他のところだったら、普通の耐震補強の工事で終わったと思います。

もともと、私はこの家が好きなんです。それで、山家さんがいらした時に「半壊だから、壊して一人なので小さく建てることもできますよ」と言われたんです。でも「やっぱり、この家が好きだから」と言いました。

だから、工事終わって、この柱も娘が磨いてくれたりして。

娘さん:
磨きましたね、脚立に上って(笑)。嬉しかったからですね。

父を早くに亡くしてから大変だったと思うんです。でも、こういう楽しみも生まれて、これを本当に毎日眺めて、そういう姿を見てるいのが一番良かったですね。山家さんだからできたと思います。

お母さん:
普通だったら、普通の引き戸で終わっていたよね。

娘さん:
楽しく穏やかに暮らしていることが、良かったと思います。

天国にいる父も喜んでいると思います(笑)

安心のレベルが、初めから、求めていた以上にあったので。

黒沢さま
天国にいる父も喜んでいると思います(笑)

ご家族や周りの方は、なんと言ってますか?

娘さん:
おばあちゃんとは面会して話せてないんですけど、手紙には書きました。
「綺麗になって暮らしているよ」って。

主人は、母のことをトシちゃんと呼ぶんですけど、「トシちゃんが嬉しいのが一番。それの役に立てて嬉しい」と言っています。

主人とは、東日本大震災の時に出会ったんです。屋根の葺き替えで、主人が来てくれて、それで結婚したんです。

主人の方から声をかけて(笑)。いいご縁でした(笑)。主人と結婚していなければ、山家さんとも出会えなかったので。

黒沢さま
主人は「トシちゃんが嬉しいのが一番。それの役に立てて嬉しい」と言ってます。

最後に、あらためて、今どんなお気持ちですか?

お母さん:
末永く見ていただきたいです。ほんとにご縁いただいて良かったなという気持ちです。

今回の3月16日の地震でもお世話になって。物置の柱が壊れて。

娘さん:
3月16日の地震のときに、山家さんが一人で来てくださって。調べてくれるだけだと思ったら「玄関が開かないんです」と言ったら、「じゃあ、今やっちゃいましょう」とすぐ直してくれたんです。

お母さん:
玄関の引き戸が開かなくて。いつもは、ケイちゃん(娘さんのご主人)が直してくれたんですけど。「これはできないと思いますよ」と言われたんです。

それで、山家さんが心配して見に来てくれたんです。休みなのに来てくださって。「なおんないんじゃない?」と話していたけど、直ったんです。

娘さん:
自分として一番良かったのは、山家さんにお会いできたこと。

30歳になったとき、個人としての成長ってもうないのかな、って思っていたんです。それが、まだまだこんなに自分をアップデートしている人がいるんだっていうのを間近で見て。

私、40歳になったんですけど、自分もまだまだこれからなんじゃないかと思いました。山家さんにお会いしてからです。

山家さんが「役に立たない資格だ」と言っていたんですけど、宅建の資格も持っていらして。そんなに使わないけど、持っている知識というのを柔軟にいろんなことに対応してくれて、その結果、人のためになっているんだなっていうのを目の当たりにして。

自分もそこまでできるわけではないですけど、いい先輩に出会えたという感じがしました。

人生の先輩。こういう人がいるんだなって思いました。まだまだ頑張れる!生まれたばっかりじゃないか!という感じはあります。

お母さん:
孫には「山家さん来るよ」「はなちゃーん、ってくるよ、山家さん」と言ってます(笑)そしたら、大人しい孫も、笑顔になって。ねぇ、はなちゃん(笑)

リフォームの話なのに、リフォームの話じゃないみたいになっちゃいました。
楽しかったです。

山家:
今日は、とても感動的なお話ありがとうございます。

「ジャケット姿の紳士が入ってきて、すごく安心しました」といっていただき、とてもうれしかったです。

わたしの方は、いつ訪問しても、いいご家族だなぁと感じ、しあわせを分けていただいています(笑)

「山家さんと出会えたことですよね」と言っていただき、あらためて、この仕事をやっていてよかったと 強く思いました。

また、「こういう人がいるんだなって思いました。まだまだ頑張れる!生まれたばっかりじゃないか!」と言っていただいたこと、私自身にも言い続けたいと思いました。

これからも「母が『毎日見ているだけで楽しみ』と生活を楽しめるようになったのがとてもうれしいです」と感じていただき、いつまでも幸せに暮らしていただけたら、とてもうれしいです。

黒沢さま
末永く見ていただきたいです。ほんとに、ご縁いただいて良かったな、という気持ちです。

Menu

  • モデルハウス

    「夫婦で暮らしながら、子供や孫が楽しみに帰ってきてくれる」をコンセプトに設計しました。これからの暮らし方の参考になればうれしいです。

    0224-52-6680
    お問い合わせ
  • 「笑顔になる」
    家づくりのポイント

    「笑顔になる」家づくりのポイント
    家づくり7つのワクワク・ポイント♪
  • 現場日誌
    (ブログ)

    現場日誌
    「山家さん、今どこやってんの?」
  • Q&A

    Q&A
    「山家さん、ちょっと聞いていいですか?」
  • 愛犬家住宅

    愛犬家住宅
    「山家さん、ワンちゃんの家どうすればいい?」
  • ファンに感謝

    ファンに感謝
    ファンとの楽しい時間
  • お客さま感謝祭のお知らせ♪

    明けましておめでとうございます☆

    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    今年は新年のお客さま感謝イベントで

    もちつき大会を2年ぶりに開催いたします!!

    日時:1月8日(日) 11時~

    ご予約は不要です☆

    新年の山家さんの笑顔に会いに、ぜひお立ち寄りくださいね(^^♪

    場所:山家工務店事務所(柴田郡大河原町字東新町20-10)

     

    お問合せ等がありましたら、こちらからお願いします。

    お問い合わせ | 【株式会社 山家工務店】新築・リフォーム|宮城県 (yanbekoumuten.com)

  • 年末年始のお休みのお知らせ☆

    年末年始の休業のお知らせです☆

    12月30日(金)~1月4日(水)

    この期間を年末年始のお休みとさせていただきます(*^^*)

    *************************************

    ※年明けの1月8日(日)に2年ぶりに開催のもちつき大会を開催いたします!!

    ご予約は不要です☆

    新年の山家さんの笑顔に会いに、ぜひお立ち寄りくださいね(^^♪

    場所:山家工務店事務所(柴田郡大河原町字東新町20-10)

     

    お問合せ等がありましたら、こちらからお願いします。

    お問い合わせ | 【株式会社 山家工務店】新築・リフォーム|宮城県 (yanbekoumuten.com)

     

  • 新築完成見学会☆ワークショップ開催♪

    新築完成見学会開催中です♪

    12月10日(土)、11日(日)は、

    ワークショップを開催しておりますので、開いております(*^^*)

    ご予約なしでのお立ち寄りも大丈夫です☆

    ぜひ、お立ち寄りくださいね♪

    時間:10時から17時

    場所:角田市角田字大町

    工務店が造る広々としたリビングを見に来てくださいね(^^♪

    見学会チラシ

    お問合せは、こちら⇩⇩⇩からお願いします。

    お問い合わせ | 【株式会社 山家工務店】新築・リフォーム|宮城県 (yanbekoumuten.com)

  • 新築完成見学会のお知らせ(^^♪

    新築完成見学会開催中です♪

    12月3日(土)から11日(日)まで

    ご予約制にて開催いたします(*^^*)

    時間:10時から17時

    場所:角田市角田字大町

    工務店が造る広々としたリビングを見に来てくださいね(^^♪

    見学会チラシ

    ご予約は、こちら⇩⇩⇩からお願いします。

    お問い合わせ | 【株式会社 山家工務店】新築・リフォーム|宮城県 (yanbekoumuten.com)

    その他の時間にご見学をご希望の方もお問合せフォームより

    ご連絡ください☆

  • 新築完成見学会のお知らせ☆

    いよいよ来週の土日から

    新築完成見学会を開催いたします!!

    12月3日(土)から11日(日)まで

    ご予約制にて開催いたします(*^^*)

    時間:10時から17時

    場所:角田市角田字大町

    工務店が造る広々としたリビングを見に来てくださいね(^^♪

    見学会チラシ

    ご予約は、こちら⇩⇩⇩からお願いします。

    お問い合わせ | 【株式会社 山家工務店】新築・リフォーム|宮城県 (yanbekoumuten.com)

    その他の時間にご見学をご希望の方もお問合せフォームより

    ご連絡ください☆

  • クリスマス飾りのワークショップ開催

    12月10日(土)、11日(日)

    両日10:30~ 11:30~ 14:00~ 15:00~

    羊毛作家のうさんぽ日和さんと作る

    クリスマス飾りのワークショップを

    開催いたします☆※予約制です

    場所:見学会会場

    (角田市角田字大町)

    リース型1500円
    干支のうさぎさん500円

     

    詳しくは、ブログ(現場日誌)を確認してくださいね(^^♪

    ワークショップのご予約は、こちら⇩⇩⇩からお願いします。

    締め切り12月6日

    お問い合わせ | 【株式会社 山家工務店】新築・リフォーム|宮城県 (yanbekoumuten.com)

    新築完成見学会☆

    見学会チラシ

     

  • 新築完成見学会のお知らせ♪

    12月に角田市角田字大町にて

    3日(土)から11日(日)まで

    ご予約制にて開催いたします(*^^*)

    時間:10時から17時

     

    見学会チラシ

    ご予約は、こちら⇩⇩⇩からお願いします。

    お問い合わせ | 【株式会社 山家工務店】新築・リフォーム|宮城県 (yanbekoumuten.com)

    その他の時間にご見学をご希望の方もお問合せフォームより

    ご連絡ください☆

  • 新築完成見学会のお知らせ♪

    12月に角田市角田字大町にて

    新築完成見学会を開催いたします。

    3日(土)から11日(日)まで

    ご予約制にて開催いたします(*^^*)

    時間:10時から17時

    ご予約は、こちら⇩⇩⇩からお願いします。

    お問い合わせ | 【株式会社 山家工務店】新築・リフォーム|宮城県 (yanbekoumuten.com)

    その他の時間にご見学をご希望の方もお問合せフォームより

    ご連絡ください☆

  • 新築完成見学会のお知らせ(^^♪

    12月に角田市角田字大町にて

    新築完成見学会を開催いたします。

    3日(土)から11日(日)まで

    ご予約制にて開催いたします(*^^*)

    時間:10時から17時

    ご予約は、こちら⇩⇩⇩から

    お問い合わせ | 【株式会社 山家工務店】新築・リフォーム|宮城県 (yanbekoumuten.com)

    その他の時間にご見学をご希望の方もお問合せフォームより

    ご連絡ください☆

  • イベントのお知らせ(^^♪

    10月23日(日)に大河原町で開催される

    オータムフェスティバルに参加します(^^♪

    山家さんがどんな人か、さりげなく知るチャンスです☆

    山家工務店のテントでは、

    丸太を切ってみよう!!!

    自分だけのコースターや鍋敷きを作りませんか!!

    のワークショップを開催予定です(*^^*)

    そして、

    愛犬*愛猫と暮らすみなさんへ

    かわいい家族と楽しく快適に暮らすおうちについて

    山家さんと話してみませんか?

    (*^^*)お待ちしております☆

    オータムフェスティバル大河原

     

株式会社 山家工務店
〒989-1221
宮城県柴田郡大河原町字緑町2-3
TEL:0224-52-6680
FAX:0224-66-3046
【事務所】
〒989-1221
宮城県柴田郡大河原町字東新町20-10
【エリア】
大河原町、柴田町、角田市、村田町、蔵王町、白石市、川崎町、山元町、亘理町、岩沼市、名取市
【事業内容】
新築一戸建ての注文住宅(木の家・自然素材・間取りにこだわる)、リフォーム、自社大工の工務店。
大河原町・柴田町・角田市・村田町で木の家にこだわる注文住宅の山家工務店
対応可能エリア
大河原町、柴田町、角田市、村田町、蔵王町、白石市、川崎町、山元町、亘理町、岩沼市、名取市